社員を知る インタビュー
株式会社ユース
新聞事業部
鈴木 昌和
2013年入社
先輩の言葉が私の目を覚ましてくれた!人間力がつき、人として成長できる職場です。
現在の業務内容は?
販売店の店長として、顧客管理や販売促進、社員・スタッフの育成などをおもに担当しています。私自身がまだ入社3年目で、店長を務めるのも2店舗目だった時の事。ベテランの店長の方々に比べるとキャリアは浅いのですが、この4月より新入社員1名の育成も任されました。
新入社員に指導していると、自分が経験した喜びや悩みをまざまざと思い出し、自分自身を振り返るいい機会になります。私が店長としていちばん悩んだのは、スタッフの方々とうまくコミュニケーションが取れないことと、販売成績が伸びないことでした。しかし、経験を積むにつれ、スタッフとのコミュニケーションが円滑になり、それに伴い営業面でも結果が出るようになりました。
 インタビューの様子
自分の成長を実感した瞬間は?
2店舗目の店長を任されたとき、まだ経験が浅いにもかかわらず、私は自信過剰気味になっていました。自分でも気づかないうちに、スタッフにもつい高慢な態度を見せていたのでしょう。スタッフのモチベーションが落ち、販売成績も窮地に陥ってしまいました。そんなとき、先輩社員の「心のどこかで、“ 俺が店長なんだ” とスタッフを上から見下ろしていないか? 」という言葉に、私はハッとしました。
「そうだ。自分ひとりで頑張っても、なにもできていないじゃないか」
「ここはスタッフあっての職場。スタッフと心をひとつにすることが大切なんだ! 」
その直後からスタッフとの協調を心がけたところ、店の雰囲気がガラリと変わり、スタッフが心を開いてくれるようになりました。人を変えるには、まず自分が変わること。今も毎日、スタッフの方々から学んでいます。
 インタビューの様子
先輩はどんな人たち?
ユースの先輩社員の方々は若手社員が悩んでいるときに適宜アドバイスをくださいます。一人ひとり異なるカラーを持っておられるので、学べることも多種多様。悩みがあったら気軽に相談できますので、本当に恵まれた最高の職場だと思います。
今後の目標はエリアマネージャーをめざすというよりも、会社からチャンスをいただける人間になること。困難な場面でも最後まであきらめず、信念を持って取り組める大人になりたいです。それを続けることにより自分に人間力がつき、やりがいにもつながっていきます。販売目標の達成や昇格は、その後から自然についてくるものだと思います。
 インタビューの様子
インタビューの様子
Message 先輩社員からメッセージ
今、学生のみなさんには「自分がどんな社会人になりたいか」を考え、理想の社会人像に近づける企業を選ぶことをお勧めします。私自身は決して強い人間ではありませんし、誰もが強くある必要はないと思います。
壁に跳ね返されても何度もチャレンジできる人、ぜひ一緒に働きましょう!

Entry
エントリー

人に伝え、物事を動かすことに面白さを感じることができる人。
人が好きな人。人に可愛がられる愛嬌がある人。
まずは会社説明会にご参加ください。皆さまにお会いできることを、心より楽しみにしております。