社員を知る インタビュー
株式会社ユース
新聞事業部
吉川 裕史
2007年入社
ユースはいつも明るい会社。自分の信じた道を追求できる環境です。
現在の業務内容は?
営業総務として、営業スタッフの実績を分析したり、情報をまとめたりするのがおもな業務です。また、上司のサポートとして社内のシステム管理にも携わっています。仕事で心がけているのは、“普段通り”でいること。「先輩だから」「お客さまだから」と相手によって態度を変えるのではなく、常に尊敬の念をもって接することで、業務を円滑に進められるようになります。総務スタッフのほとんどが私より先輩ということもあり、入社から10年以上経った今でも学ぶことはたくさんあります。後輩に教える中で気づきを得ることも少なくありません。
これからも営業時代に培った経験を生かして、現場と総務をつなぐ架け橋のような存在でありたいですね。
 インタビューの様子
仕事のやりがいは?
会社の方針決定に関わることができる点ですね。私は営業総務なので、まとめた情報をもとに、会議などで営業部の上司に意見を述べる機会が多々あります。ときには社長に直接説明することも。現場に与える影響は大きいため、常に責任感をもって発言しています。会議では、普段なかなか知ることのできない他部署での取り組みや、会社の現状も把握できるため、モチベーションの向上につながります。
総務と聞くと“お役所仕事”というイメージを持っている方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。会社の土台や仕組みを構築する仕事ですので、ときにスピード性や積極的な姿勢も求められます。
 インタビューの様子
社内の雰囲気は?
会社説明会に参加したとき、「人事の方が明るく生き生きとしているな」という印象を抱きました。入社後は思っていた通り明るい方、ポジティブな方が多く、「ユースなら楽しく働ける」と確信しました。実際、入社してから自分の性格も今まで以上に明るくなったと思います。実績を積み重ねていく中で自信がついてきたことも、前向きになれた理由のひとつですね。総務部は営業部と比べると落ち着いた雰囲気で、真面目なスタッフが多いです。私は「せっかくなら、楽しく仕事がしたい」と考えているので、締めるべきところはきっちり締めつつも、部署の盛り上げ役になれるよう意識しています。
社会人になると、さまざまな立場の方と関わらないといけません。今は人と接することが苦手という方も、相手のことを考えながらたくさんの人と接していけば、コミュニケーション力は自然と身についていきますよ。
 インタビューの様子
インタビューの様子
Message 先輩社員からメッセージ
ユースは「人が人を支える」会社です。私も入社したての頃は何度も失敗し、そのたびに先輩に助けられてきました。皆さんもユースに入社後は、人間関係のよさをきっと誇りに思うことでしょう。失敗しても前向きに取り組んでいけば、道は必ず開けます。自分の信じた道を突き進んでください。

Entry
エントリー

人に伝え、物事を動かすことに面白さを感じることができる人。
人が好きな人。人に可愛がられる愛嬌がある人。
まずは会社説明会にご参加ください。皆さまにお会いできることを、心より楽しみにしております。